指定数量

① 指定数量とは、その危険性を勘案して政令で定める数量と規定されています。
危険性の高い危険物は「指定数童を少なく」、危険性の低い危険物は「指定数量を多く」なるように定めています。 また、危険物の指定数量は、全国同一です。

② 指定数量未満の危険物については、市町村の火災予防条例で基準が定められています。

指定数量の計算の仕方

① ガソリンのみを貯蔵している場合

            ガソリンの貯蔵量(ℓ)
・指定数量の倍数= ―――――――――――――
            ガソリンの指定数量(ℓ)


第4類危険物の指定数量

品名性質危険物品名(例)指定数量
特殊引火物ジエチルエーテル、アセトアルデヒド
50L
第1石油類非水溶性ガソリン、ペンゼン、トルエン200L
水溶性アセトン400L
アルコール類
メタノール、エタノール400L
第2石油類非水溶性灯油、軽油1,000L
水溶性酢酸、プロピオン酸2,000L
第3石油類非水溶性重油、クレオソート油
2,000L
水溶性グリセリン、エチレングリコール4,000L
第4石油類ギヤー油、シリンダー油6,000L
動植物油類アマニ油、キリ油10,000L

乙1・2・3・5・6類危険物の指定数量

類別品名性質危険等級指定数量
第1類第1種酸化性固体50kg
第2種酸化性固体300kg
第3種酸化性固体1000kg
第2類■ 硫化りん100kg
■ 赤りん100kg
■ 硫黄
100kg
第1種可燃性固体100kg
■ 鉄粉500kg
上記 ■ のいずれかを含有するもの第2種可燃性固体500kg
引火性固体
1000kg
第3類カリウム10kg
ナトリウム10kg
アルキルアルミニウム10kg
アルキルリチウム10kg
第1種自然発火性物質及び禁水性物質10kg
黄りん
20kg
第2種自然発火性物質及び禁水性物質50kg
第3種自然発火性物質及び禁水性物質100kg
第5類第1種自己反応性物質10kg
第2種自己反応性物質100kg
第6類300kg

【注意】
◎水溶性液体・・・・・単に水に溶けるという意味ではありません。消防法での規定は、下記の通りです。
①1気圧②温度20℃の条件下で、同容量の純水と穏やかにかき混ぜたときに、流動がおさまった後も、この混合液が均一の外観をなすものをいいます。

◎非水溶性液体・・・・・上記水溶性液体以外のものをいいます。

コメントは受け付けていません。