危険物の各類ごとの性質

危険物はその性質や危険性の違いによって、第1類から第6類までの6種類に分けられていますが、第4類を扱う者でも、他の類の危険物の特性を理解しておく必要があります。
以下は、その各類ごとの共通する性質をまとめたものです。

性 質燃焼性状 態性質の概要
第1類酸化性固体不燃性固 体そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を酸化させる酸素を多量に含有しており、可燃物と混令したとき、熱、衝撃等で分解し、極めて激しい燃焼 を起こさせる固体である。塩素酸塩類等
第2類可燃性固体可燃性固 体火炎により着火しやすい、又は比較的低温で引火しやすい固体であり、燃え方が早いために消火が 困難である。硫黄、硫化りん等
第3類自然発火性 及び 禁水性物質可燃性液 体 又は 固 体空気に触れると自然に発火し、又はフKと接触して発火し若しくは可燃,性カスを発生する。カリウム、ナトリウム、黄りん等
第4類引火性液体可燃性液 体ガソリン等のように引火性を有する液体。 ジエチルエーテル、ガソリン、クレオソート油等
第5類自己反応性物質可燃性液 体 又は 固 体燃焼に必要な酸素と可燃物の両方を含有しており、加熱分解等により、比較的低い温度で多量の熱を 発生し、又は爆発的に反応が進行する。硝酸エチル、ニトログリセリン等
第6類酸化性液体不燃性液 体そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を酸化させる酸素を多量に含有しており、混在する他の可燃物の燃焼を促進する性質をもつ液体である。 硝酸、過酸化水素等

【注意】
本文上の表の《性質》の中で、物質とあるのは、「個体」と「液体」の両方を含んでいるという意味なので、しっかりと覚えておく必要があります。

コメントは受け付けていません。