保安距離・保有空地

保安距離・保有空地とは
保安距離とは、製造所等の火災、爆発等が発生した場合付近の住宅、学校、病院等の保安対象物に対して、延焼防止や避難等のために一定の距離を定めたものです。

保有空地とは、消防活動及び延焼防止のために製造所の周囲に確保する空地のことです。空地内には、どのような物品であっても置くことはできません。

保安距離・保有空地の必要な施設
12ある危険物施設のうち、下記の6施設に必要です。

製造所等 (危険物施設) 保安距離 保有空地
1. 製造所
2. 一般取扱所
3. 屋内貯蔵所
4. 屋外貯蔵所
5. 屋外タンク貯蔵所
6. 簡易タンク貯蔵所 (屋外に設置) ×

保安対象物と保安距離
学校(幼稚園~高校)、病院、公会堂等 ……………………30m以上
 (学校と人の集まる公共の施設。大学、短大は必要なし)
② 一般住宅 (製造所の敷地外にあるもの)……………………10m以上
③ 重要文化財 ………………………………………………………50m以上
④ 特別高圧架空電線 7000~35000V以下 …3m以上→埋設電線は必要なし。
⑤ 特別高圧架空電線 35000Vを超えるもの …5m以上
⑥ 高圧ガスの施設 …………………………………………………20m以上

保有空地の幅

区 分 空地の幅
指定数量の倍数が10以下の製造所 3m 以上
指定数量の倍数が10を超える製造所 5m 以上

コメントは受け付けていません。