第4類に共通する消火の方法

第4類危険物の消火には、空気の供給を遮断する窒息消火、燃焼を化学的に抑制する抑制作用(負触媒作用)による消火が効果的です。

第4類に効果的な消火剤
霧状の強化液  ②  ③ ハロゲン化物  ④ 二酸化炭素  ⑤ 粉末

第4類に不適当な消火剤
液比重が1より小さい(水より軽い)危険物の火災に注水すると、危険物が水に浮いて火災が拡大するので適当でない。

棒 状 霧 状
× ×
強化液消火剤 ×

水と強化液の棒状は、第4類の消火には使用できない。
棒状とは、ホースで水(消火剤)をかけること。

水溶性危険物の消火
アルコール類やアセトン等の水溶牲液体の消火に、一般の泡消火剤を用いても泡が溶解され消えるので効果がない。→ 水溶性液体用泡消火剤を使用する。

火災の区別と消火器の識別
① 普通火災(木材、紙類、繊維等)A 火災 → 白色の標識
② 油火災(第4類の引火性液体) B 火災 → 黄色の標識
③ 電気火災(電線、モーター等) C 火災 → 青色の標識
※消火器に表示する識別標識の色とは、絵表示の地色の部分の色をいう。

コメントは受け付けていません。