第一石油類の性質

第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他1気圧において、引火点が21℃未満のものをいいます。

品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性
ガソリン 0.65~0.75 40~220 -40以下 300 1.4~7.6 ×
ベンゼン 0.88 80 -11 498 1.3~7.1 ×
トルエン 0.87 111 4 480 1.2~7.1 ×
アセトン 0.8 57 -20 465 2.15~13.0

ガソリン
① 自動車ガソリン(着色)、航空ガソリン(着色)、エ業ガソリンに大別される。
自動車ガソリンは、灯油や軽油との識別を容易にするためオレンジ色に着色してある

② 水より軽く水に溶けない。アルコール、その他の有機溶剤によく溶ける。

③ 蒸気は空気の3~4倍重いので、低所に滞留しやすい。

④ 炭化水素の混合物。

石油製品は非水溶性液体なので、静電気が発生しやすい

ベンゼン
① 芳香族炭化水素で無色透明の液体。芳香性の臭気がある。

水に溶けないが、アルコールやジエチルエーテル等の有機溶剤によく溶ける

③ 揮発性があり、蒸気は有毒である

トルエン
蒸気に毒性があるが、ベンゼンよりも小さい

② 他の特性はべンゼンに同じ。

アセトン
① 無色透明の液体で、特有の臭気がある。

水に溶けるほか、アルコール、ジエチルエーテル等の有機溶剤にもよく溶ける。

水溶性液体用泡消火剤が最適である

メチルエチルケトン
① 通気口付きの貯厳容器には収納できない

② 水にわずかに溶け、アルコール、ジエチルエーテル等の有機溶媒にはよく溶ける。

コメントは受け付けていません。