第2石油類の性質

第2石油類とは、灯油、軽油のほか、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいいます。

品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性
灯 油 0.8~0.85 150~320 40~60 255 1.1~6.0 ×
軽 油 0.8~0.9 200~350 50~70 250 1.0~6.0 ×
酢 酸 1.05 118 39 463 4.0~19.9
キシレン (オルト) 0.88 144 33 463 1.0~6.0 ×

灯 油
① 無色または淡黄色(淡紫黄色)の液体で、特有の臭いがある。

液温が引火点以上になると、ガソリンと同様の引火危険を生じる

霧状にしたり,布等に染み込んだものは、火がつきやすい
(空気との接触面積が大きくなり、また見かけ上の熱伝導率が小さくなり危険性が増大する。)

ガソリンが混合されたものは、引火点が低くなり引火しやすい

軽 油
淡黄色または淡褐色の液体である。(着色はしていない)

霧状にしたり、布等に染み込んだものは、火がつきやすい

クロロベンゼン
① 無色透明の液体で石油に似た臭気がある。
水には溶けないが、アルコール、ジエチルエーテル等の有機溶剤によく溶ける

酢 酸(氷酢酸)
① 無色透明の液体で、刺激性の酢の臭いがする。(食酢は酢酸の約4%水溶液)

水によく溶け,アルコールやジエチルエーテルにもよく溶ける

③ 金属やコンクリートを腐食する。

④ 高濃度の酢酸は低温で氷結する(凝固点17℃)ため、氷酢酸と呼ばれている。

⑤ アルコールと反応して酢酸エステルをつくる。

キシレン
① オルトキシレン、メタキシレン、パラキシレンと三種の異性体がある。

② 非水溶性で水に溶けず、比重は水より軽い。無色透明の液体。

③ 引火点は 27~33℃で、常温(20℃)以上である。

コメントは受け付けていません。