第3石油類の性質

第3石油類とは、重油、クレオソート油その他1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいいます。

品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性
重 油 0.9~1.0 300以上 70~150 250~380 ×
アニリン 1.01 185 70 615
グリセリン 1.3 290 177 370

重 油
① 褐色文は暗褐色で粘性があり、揮発しにくい。

一般に水より軽い。水には溶けない。

③ 1種(A重油)、2種(B重油)、3種(C重油)に分類される。1種と2種の引火点は、日本工業規格では、60℃以上と規定されている。

いったん燃えはじめると、液温が高くなっているので消火が困難な場合がある

⑤ 不鈍物として含まれる硫黄が燃えると、有害な亜硫酸ガスとなる。

アニリン
① 無色又は淡黄色の特異臭ある液体。

② 水には溶けにくいが、エチルアルコールやジエチルエーテル等にはよく溶ける。

③ アニリンにさらし粉を加えると、紫色に変色する。

グリセリン
① 無色透明の粘性ある液体である。第4類では数少ない無臭の物品である。

② 水、エチルアルコールには溶けるが、ガソリン、軽油、二硫化炭素、ベンゼン等には溶けない。

③ 吸湿性がある。

④ ナトリウムと反応して水素を発生する。

コメントは受け付けていません。