第4石油類・動植物油類の性質

第4石油類とは、ギヤー油、シリンダー油その他1気圧において引火点が200℃以上250℃未満のものをいいます。

第4石油類全般
① 揮発しにくく(常温では蒸気は出ていない)、粘性のある液体である。

② 一般に比重は、水より軽い。

燃えているときは、液温が高くなっている(250℃以上で発火点に近い場合がある)ので消火が困難な場含がある

動植物油類
動植物油類とは、動物の脂肉等又は植物の種子もしくは果肉から抽出したもので、1気圧において引火点が250℃未満のものをいいます。

区 分 よう素価 品 名
乾性油 130以上 アマ二油、キリ油
半乾性油 100~130 なたね油、大豆油
不乾性油 100以下 ヤシ油、落花生油

動植物油類全般
引火点は200~250℃である

② 燃えているときは、液温が高くなっているので消火が困難な場合がある。(注水すると危険である。)

よう素価の大きい乾性油は、自然発火しやすい

アマ二油等の乾性油は、ぼろ布等に染み込んでいると自然発火しやすい

コメントは受け付けていません。