危険物保安監督者

政令に定める製造所等の所有者等は、危険物取扱者の中から危険物保安監督者を選任して、保安の監督をさせ、遅滞なくその旨を市町村長等に届け出るように定められています。

危険物保安監督者の資格
甲種又は乙種危険物取扱者で、6か月以上の実務経験を有する者。乙種については、取り扱うことができる類〈免状に指定された類〉丙種は、資格がない

危険物保安監督者の業務〈抜粋〉
① 危険物の取扱作業が、貯蔵又は取扱いに関する技術上の基準、予防規定等に定める保安基準等に適合するように、作業者に対し必要な指示を行うこと

② 危険物施設保安員を置く製造所等にあっては、危険物施設保安員に必要な指示をすること

③ 火災等の災害防止のため、隣接の関係者との間に連絡を保つ。消防機関に連絡する等。

危険物施設保安員
危険物施設保安員とは 一定の規模の製造所等において危険物保安監督者の下で、その構造及び設備に係わる保安業務の手伝いを行う者をいう。
製造所等所有者等に定める義務がある。

1. 資格・必要施設・その他
資格は必要としない。〈危険物取扱者免状がなくてもよい。〉

② 選任の必要な危険物施設〈3施設〉
製造所   :指定数量の倍数が100以上のもの。
・一般取扱所 :   〃       〃
・移選取扱所 :すべて定める

選任、解任にあたっては、届出の必要はない

危険物施設保安員の業務〈抜粋〉
① 施設の維持のための点検、記録及び記録の保存。

② 施設の異常を発見した場合の危険物保安監督者等への連絡と適切な措置。

③ その他、施設の保安に関し必要な業務。

コメントは受け付けていません。