第1類(酸化性固体)の性質と特性

そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を強く酸化させる性質を有する固体であり、可燃物と混合したとき、熱、衝撃、摩擦によって分解し、極めて激しい燃焼を起こさせます。

主な品名と物品名
塩素酸カリウム、塩素酸ナトリウム、過塩素酸カリウム、過酸化カリウム等。

共通する特性●大部分は無色の結晶又は白色の粉末である。
●一般に不燃性物質である。
●一般に加熱などにより分解して含有している酸素を発生する。即ち、酸素供給体(酸化剤)の役目をする。
●一般に可燃物、有機物その他酸化されやすい物質との混口物は、加熱・衝撃・摩擦により爆発する恐れがある。
共通する火災予防法●衝撃・摩擦を与えない。
●火気又は加熱を避ける。
●可燃物、有機物及び酸化され易い物質との接触を避ける。
●強酸類との接触を避ける。
●密封して冷所に貯蔵する。
●水と反応して酸素を放出するアルカリ金属の過酸化物及びこれらを含有するものは、水との接触を避ける。
共通する消化方法●第1類危険物は分解により酸素を供給するので、他の可燃物の燃焼が激しくなり、かつ危険物自体の分解も著しく進行する。
一般には大量の水による冷却消火で酸化性物質を分解温度以下に下げる方法が有効。
ただし、アルカリ金属の過酸化物等は水と反応する為、乾燥砂、粉末消火剤等を用いた窒息消火が有効となる。

コメントは受け付けていません。