第2類(可燃性固体)の性質と特性

火炎によって着火しやすい固体、または比較的低温(40℃未満)で引火しやすい固体であり、出火しやすく、かつ燃焼が速く消火することが困難です。

主な品名と物品名
三硫化リン、五硫化リン、赤リン、硫黄、亜鉛粉など。

共通する特性●いずれも固体で、比重は1よりも大きい。
●水に不溶
●比較的低温で着火しやすい可燃性物質で、有毒のモノや燃焼によって、有毒性ガスを発生するものがある。
●酸化されやすい可燃物で、酸化剤(第1・6類)との混合は衝撃などによリ爆発の危険性がある。
●微粉状のものは、空気中で粉じん爆発を起こし易い。
●空気中で自然発火し、又水と作用して有毒ガスを発生するものがある。
共通する火災予防法●酸化剤(1・6類)との接触を避ける。
●火気・加熱を避ける。
●冷所に貯蔵する。
●容器は防湿のため、密閉して保存する。
●鉄粉、金属粉、マグネシウム及びこれらを含有するものは、水又は酸との接触を避ける。
共通する消化方法●水と接触して発火、又は有毒ガスや可燃性ガスを発生させる物品は、乾燥砂で窒息消火する。
●赤りん、硫黄等は、水、強化液、泡等の水系消火剤で冷却するか、乾燥砂などで窒息消火する。
●引火性固体は、泡、粉末、二酸化炭素、ハロゲン化物により窒息消火する。

コメントは受け付けていません。