第4類(引火性液体)の性質と特性

ガソリン等のように引火性を有する液体です。 ジエチルエーテル、ガソリン、クレオソート油など。

主な品名と物品名
特殊引火物、アルコール類、石油類、動植物油類など。

共通する特性●発生する蒸気は、空気との混合物を作り、火気などによる引火、爆発の危険性がある。
●蒸気比重は1より大きく(空気より重い)、可燃性蒸気は低所に流れ、または滞留する。
●一般に液比重は1より小さく(水より軽い)、水に溶けないものが多い。
●電気の不良導体が多く、静電気が蓄積されやすい。
●指定数量について、非水溶性と水溶性のモノがある類(第1・2・3石油類)については、非水溶性の2倍が水溶性の指定数量である。
共通する火災予防法●引火しやすい性質を持っているので、炎・火花・高温体等との接近又は過熱を避ける。又、みだりに蒸気を発生させないことも重要。
●容器は密封して、冷暗所に貯蔵する。
●蒸気が空気より重たいため、低所に滞留しないよう、蒸気を野外高所へ排出・拡散すると共に、通風と換気に留意する。
●火花を発生する機会器具等を使用しない。
●使用する機器やホース、取扱う服装などで静電気対策を実施する。
共通する消化方法●可燃物の除去や冷却が困難なので、一般に空気を遮断する窒息消火が用いられる。
●水をかけると、水に浮いて広がって火災が拡大する危険性があるため、霧状の強化液・泡・ハロゲン化物、二酸化炭素、粉末等の消火薬剤を使用する。
●アルコール、アセトン等の水溶性液体の消火には、水溶性液体用泡消火薬剤(耐アルコール泡)を使用すると良い。

コメントは受け付けていません。