第5類(自己反応性物質)の性質と特性

固体または液体であつて、加熱分解などにより、比較的低い温度で多量の熱を発生し、または爆発的に反応が進行します。

主な品名と物品名
硝酸メチル、硝酸エチル、ニトログリセリン、セルロイドなど。

共通する特性●固体又は液体である。
●比重は1より大きい。
●燃えやすい物質である。
●自己燃焼性の有るものが多く、燃焼速度が速い。
●加熱、衝撃、摩擦等により発火し爆発するものが多い。
●自然発火するもの、引火性のものがある。
共通する火災予防法●火気又は加熱を避ける。
●通風の良い冷所に貯蔵する。
●衝撃、摩擦などを避ける。
共通する消化方法●大量の水が最も効果的である。泡消火剤も使用可能。
●一般に可燃物と酸素供給源が共存している物質なので、極めて燃焼速度が速く、反応が爆発的に進行する為、消火は困難。
●危険物量が少量、若しくは火災の初期段階では消火可能であるが、多量の場合には消火は極めて困難である。

コメントは受け付けていません。