第6類(酸化性液体)の性質と特性

そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を酸化させる酸素を多量に含有しており、混在する他の可燃物の燃焼を促進する性質をもつ液体です。

主な品名と物品名
過酸化水素、発煙硝酸、硝酸など。

共通する特性●いずれも不燃性の液体である。
●水と激しく反応するものがある。
●酸化力が強い。
●腐食性があり皮膚を侵す。また、その蒸気は有害である。
共通する火災予防法●火気、日光の直射は避ける。
●可燃物、有機物等との接触を避ける。
●貯蔵容器は耐酸性のものとし、密封する。
●水と反応するものは、水との接触を避ける。
共通する消化方法※この類は燃焼物に対応した消火法を採ることになるが、消火による災害防止も考えねばならない。
●多量の水を使用するが、危険物の飛散に注意する。
●流出事故の際は、乾燥砂をかけるか中和剤で中和する。
●皮膚を保護する為、マスク等を着用する。
●一般に泡が適切で、二酸化炭素、ハロゲン化物、消火粉末等は不適当である。

コメントは受け付けていません。