カリウム(K)【指定数量10kg】

カリウムは、アルカリ金属に属しますが、消防法では、その危険性から独立した品名として掲げられています。
有機化合物の合成や、カリウムナトリウム合金が原子炉冷却剤などに利用されています。

カリウムは、銀白色の軟らかい金属で、吸湿性を有しています。きわめて酸化されやすく、水と激しく反応して水素と熱を発生し、融点以上に加熱すると、紫色の炎を出して燃えます。長時間空気に触れると自然発火しやすく、ニ酸化炭素から酸素を奪ったり、ハロゲン元素とも激しく反応して発火したりします。

また、他の金属材料や皮膚をおかす腐食性があります。貯蔵にあたっては、水分や空気と接触しないよう乾燥した場所で、灯油(保護液)中に露出しないように注意しながら、小分けして貯蔵します。

カリウムは融点が低く、火災が発生した場合、融解して流動性をもち、拡散してしまうことがあります。消火にあたっては、乾燥砂で窒息消火します。ハロゲン化物消火剤や水は絶対に使えません。

きわめて酸化されやすい
水と激しく反応して水素と熱を発生
加熱すると紫色の炎を出して燃焼

カリウム【K】
銀白色の軟らかい金属、比重0.9、融点64℃、沸点774℃、空気中の水分と反応して水素を発生する。水との反応が強く、水素と熱を発生する。高温で水素と反応し、水素化カリウムを生じる。融点以上に熟すると、紫色の炎を出して燃える。アルコールと反応し水素を発生する。吸湿性と潮解性がある。金属材料を腐食する。ナトリウムより強い還元性を示す。

カリウムの貯蔵・消火方法
乾燥した場所に貯蔵する
灯油内に小分けして貯蔵する
ハロゲン化物消火器、水系消火剤は厳禁

コメントは受け付けていません。