金属粉【第1種可燃性固体 指定数量100kg】

金属粉とは、消防法上、アルカリ金属およびアルカリ土類金属(第3類の危険物)、鉄、マグネシウム以外の金属の粉を指します。

このうち、銅粉、ニッケル粉および目開きが150μmの網ふるいを通過するものが50%未満のものは、危険物から除外されています。

金属は一般に、火災危険の対象とされていません。これは、金属が熱の良導体であるため酸化熱が蓄積されにくいこと、酸化が表面に限られ内部までは及ばないことからです。

しかし、粉状の金属は、酸化表面積が増大して熱伝導率が小さくなるため、加熱などにより容易に発火する危険性があります。

金属粉には、アルミニウム粉、亜鉛粉があり、共通する特性は下記の通りです。

水に溶けない。
熱水または水、酸、アルカリと作用して、水素を発生する。
空気中の水分、ハロゲン元素と反応して自然発火する危険性がある。
貯蔵・取り扱いにあたっては、水分・ハロゲン元素との接触を避ける。
適切な消火方法は、乾燥砂などで窒息消火するか、金属火災用の粉末消火剤を使用する。

アルミニウム粉【Al】
銀白色の粉末、比重2.7、融点660℃、沸点2,060℃。水に溶けない。塩酸、硫酸などと反応して水素を発生する。熱水に反応し、水素を発生する。高温にならないと着火しないが、一旦着火すると激しく燃焼し、酸化アルミニウムAl2O3を生じる。

亜鉛粉【Zn】
灰青色の粉末、空気中の湿気により酸化されて灰白色の酸化亜鉛の被膜を形成する。比重7.1、融点419℃、沸点930℃。水に溶けない。燃焼すると、酸化亜鉛を生じ、硫黄を混合して加熱すると、硫化亜鉛ZnSを生じる。融点が低い金属でアルミニウム粉に比べて危険性は少ない。

貯蔵・消火方法
水分およびハロゲン元素との接触を避ける
乾燥砂、金属火災用粉末消火剤で消火。注水厳禁。

コメントは受け付けていません。