ジアゾ化合物【第1種自己反応性物質 指定数量10kg】

ジアゾ化合物とは、ジアゾ基N2=を有する化合物の総称で、多くは爆発性を有し、特に危険なのは固体です。アゾ化合物より不安定な危険物です
ジアゾ化合物に属する主な物質には、ジアゾジニトロフェノールがあります。
ジアゾジニトロフェノールは、黄色の粉末で、光によって褐色に変色します。
水にはほとんど溶けませんが、アセトンなどには溶けます。
貯蔵にあたっては、水、または水とアルコールの混合液の中で保存します。
ジアゾ化合物は、いったん着火すると、消火は困難です

ジアゾジニトロフェノール【C6H2N4O5】
黄色の粉末、比重1.63、融点169℃、発火点180℃。水には殆ど溶けないが、アセトンなどの有機溶剤には溶ける。光によって褐色に変色する。加熱、衝撃、摩擦などにより容易に爆発する。 火気を厳禁し、打撃、衝撃および摩擦を避ける。爆発燃焼すると消火は困難。容器は密栓して通風のよい冷暗所に貯蔵する。

ジアゾ化合物の特性
光によって褐色に変色
水または、水とアルコール の混合液中で保存
着火すると消火は困難

コメントは受け付けていません。