ヒドラジンの誘導体【第2種自己反応性物質 指定数量100kg】

ヒドラジンの誘導体とは、ヒドラジンN2H4が付加反応などで生成した、-NH-NH2構造を有する化合物の総称です。

ヒドラジンの誘導体の主な物質には、硫酸ヒドラジンがあります。

硫酸ヒドラジンは、白色の結晶で、冷水には溶けませんが、温水に溶けて酸性を示します。

還元性が強く、酸化剤と激しく反応します。アルカリとも反応して有毒なヒドラジンを遊離します。

また、融点以上に加熱すると分解して、アンモニア、二酸化硫黄、硫化水素、硫黄を生成します。

硫酸ヒドラジン【NH2NH2・H2SO4】
白色の結晶、比重1.37、融点254℃。冷水やアルコールには溶けないが、温水には溶けて酸性を示す。還元性が強い。
融点以上に加熱すると分解して、アンモニア、二酸化硫黄、硫化水素、硫黄を生成するが発火はしない。
アルカリと反応してヒドラジンを遊離する。酸化剤、アルカリ、可燃物との接触を避ける。大量の水、泡などで冷却消火。
防塵マスク、保護メガネ、ゴム手袋、防護服などの保護具を着用する。

硫酸ヒドラジンの性状
温水に溶けて酸性を示す
還元性が強く、酸化剤と激しく反応
アルカリと反応してヒドラジンを遊離

コメントは受け付けていません。