ヒドロキシルアミン(NH2OH)【第2種自己反応性物質 指定数量100kg】

ヒドロキシルアミンは、半導体の洗浄剤や農薬の原料として利用されている物質で、一般には水溶夜として流通しています。

ヒドロキシルアミンは、アンモニアNH3の水素原子Hの1つが水酸基-OHに置き換わった、H2N-OH構造をもつ化合物です。

引火性があり、強い還元性をもつ白色の結晶で、水やアルコールに溶け、潮解性を有しています

ヒドロキシルアミン【NH2OH】
白色の結晶、比重1.20、沸点58℃(22mmHgの減圧時)引火点100℃、発火点130℃、融点33℃、蒸気比重1.1。水、アルコールによく溶ける。
潮解性を有する。還元性が強い。一般に水溶夜として流通している。加熱により、分解爆発する。

ヒドロキシルアミンの特性
水、アルコールに溶け、潮解性がある
人体に有毒である
消火の際は、保護具を着用し、大量の水で冷却消火

コメントは受け付けていません。