その他のもので政令で定めるもの(クロム、鉛、よう素の酸化物)【第3種酸化性固体 指定数量1000kg】

その他のもので政令で定めるもの(クロム、鉛またはよう素の酸化物)【第3種酸化性固体 指定数量1000kg】

クロムよう素がそれぞれ酸素と結合した化合物も、第1類に属する危険物です。

クロム、鉛、よう素の酸化物には、三酸化クロム二酸化鉛、五酸化二よう素などがあり、いずれも加熱すると分解して酸素を発生します。

三酸化クロムは、暗赤色の針状の結晶で、水やアルコールに溶け潮解性を有する強い酸化剤です。

加熱すると約250℃で分解し、酸素を発生します。また、皮膚を腐食させる毒性があり、水を加えると腐食性が増します。

貯蔵にあたっては、鉛などを内張りした金属容器に保存します。

三酸化クロム【CrO3】(別名:無水クロム酸)
暗赤色の針状結晶、比重2.7、融点196℃。約250℃で分解し酸素を発生する。水、アルコールに溶け、潮解性を有する。強酸化剤である。
有毒で皮膚を腐食させる。水を加えると腐食性の強いクロム酸となる。鉛などで内張りした金属容器に貯蔵する。大量の水で冷却消火。

三酸化クロムの性状
潮解性があり、水、アルコールに溶ける
強酸化剤である
有毒で皮膚を腐食させる

二酸化鉛は、黒褐色の粉末で強い毒性があります。

水やアルコールには溶けませんが、酸やアルカリには溶けます

硫酸と作用して酸素を発生し、塩酸と熱すると塩素を発生します。

加熱すると約290℃で分解し、酸素を発生します。

また、金属並みの導電率をもっており、鉛蓄電池(バッテリー)の電極などに使われます

二酸化鉛【PbO2】
黒褐色の粉末、比重9.4、融点290℃。約290℃で分解し、酸素を発生する。水、アルコールに溶けないが、多くの酸やアルカリに溶ける。鉛蓄電池の電極となる。
毒性が強い。塩酸と熟すると、塩素を発生する。硫酸と作用すると、酸素を発生する。日光によっても分解して酸素を発生する。容器は密栓して貯蔵する。大量の水で冷却消火。

二酸化鉛の性状
水、アルコールに溶けないが、酸やアルカリに溶ける
加熱により分解して酸素を発生
塩酸と熱すると塩素を発生
バッテリーの電極に使われる

コメントは受け付けていません。