製造所等の構造と設備の基準 ①

例えば、建築物の屋根を耐火構造にすると、建築内で爆発があった時、被害が拡大する恐れがあります。 この為、爆風が上に抜けるように 不燃材料となっています。 構 造 ① 建築物は地階を有しないこと。 ② 建築物の壁、柱、床、...

続きを読む

燃焼の仕方

表面燃焼とは、固体の表面から中に向かって燃えていく燃焼で、固体表面では熱分解や蒸発を起こすことなく静かに燃えます。 固体と酸素が直接酸化反応する燃焼でもあります。 気体の燃焼 ① 拡散燃焼:可燃性ガスが連続的に供給され、...

続きを読む

第4類に共通する特性

第4類の危険物はすべて可燃物(可燃性)であり、常温(20℃)で ほとんどのものが液状です。 又、沸点の低い危険物は可燃性蒸気が発生しやすく 引火点も低いので危険性が高いのです。 引火性の液体である ① 第4類の危険物はす...

続きを読む

製造所等の構造と設備の基準 ②

屋内貯蔵所 【構 造】 ① 地盤面から軒までの高さ 6m未満の平屋建 床は地盤面以上 ② 床面積は 1000㎡以下 【貯蔵の基準】 ① 容器の積み重ね高さ 3m以下(第3類、第4類、動植物油類は4m以下、機械により荷役す...

続きを読む

引火点と発火点

可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温を「引火点」といいます。 引火点の定義 ① 引火点とは、可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温...

続きを読む

第4類に共通する火災予防

可燃性蒸気は比重が重く低所に滞留することから、低所の蒸気を高所に排出する換気装置が必要です。 蒸気を発生させない ① 炎、火花、高温体等との接近又は加熱を避けるとともに、みだりに蒸気を発生させない。 高温体とは?→ 真っ...

続きを読む

製造所等の構造と設備の基準 ③

屋移動タンク貯蔵所(タンクローリ一) 【位置・構造・設備】 ① 車両の常置場所(常置場所を変更するときは、変更の許可が必要になる。) 屋外……防火上安全な場所 屋内……耐火構造又は不燃材料で造った建築物の1階(地階や2階...

続きを読む

燃焼範囲(爆発範囲)

可燃性蒸気と空気との混合気に点火すると急激に燃焼が起こり、密閉容器内では爆発することもあります。 爆発するにはその混合割合がある濃度範囲にあることが絶対条件となります。 この範囲を燃焼範囲(爆発範囲)といい、空気との混合...

続きを読む

第4類に共通する消火の方法

第4類危険物の消火には、空気の供給を遮断する窒息消火、燃焼を化学的に抑制する抑制作用(負触媒作用)による消火が効果的です。 第4類に効果的な消火剤 ① 霧状の強化液  ② 泡  ③ ハロゲン化物  ④ 二酸化炭素  ⑤...

続きを読む

製造所等の構造と設備の基準 ④

給油取扱所の給油空地について、間口10m×奥行6m以上とは、小型自動車を基準にその最小回転半径を考慮して決められています。 給油取扱所 【位置・構造・設備】 ① 給油空地 間口10m以上 奥行6m以上 ② 専用タンク 容...

続きを読む