危険物保安統括管理者

危険物保安統括管理者とは、大量の第4類の危険物を取り扱う事業所で、危険物の保安に関する業務を全般に統括管理する者をいいます。資格は特に定められていません。 〈危険物保安統括管理者等の権限等〉 権限・役職は 資格は 給油取...

続きを読む

危険物運搬の基準

危険物の運搬とは、車両等(トラック等)によって危険物を運ぶことをいい、指定数量未満の危険物についても適用されます。 運搬容器 ① 容器の材質は、鋼板、ガラス、プラスチック等が定められている → 陶器は使用できない。 ②...

続きを読む

貯蔵・取扱いの基準

消防法では、危険物を貯蔵しまたは取扱う場合は、数量のいかんを問わず法令に定められた技術上の基準に従うことと規定しています。 共通基準(第1類~第6類に共通) ① 許可もしくは届出された数量等を超える危険物、又は届出された...

続きを読む

第1類(酸化性固体)の性質と特性

そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を強く酸化させる性質を有する固体であり、可燃物と混合したとき、熱、衝撃、摩擦によって分解し、極めて激しい燃焼を起こさせます。 主な品名と物品名 塩素酸カリウム、塩素酸ナトリウム、過塩素...

続きを読む

第2類(可燃性固体)の性質と特性

火炎によって着火しやすい固体、または比較的低温(40℃未満)で引火しやすい固体であり、出火しやすく、かつ燃焼が速く消火することが困難です。 主な品名と物品名 三硫化リン、五硫化リン、赤リン、硫黄、亜鉛粉など。

続きを読む

第4類(引火性液体)の性質と特性

ガソリン等のように引火性を有する液体です。 ジエチルエーテル、ガソリン、クレオソート油など。 主な品名と物品名 特殊引火物、アルコール類、石油類、動植物油類など。

続きを読む

第5類(自己反応性物質)の性質と特性

固体または液体であつて、加熱分解などにより、比較的低い温度で多量の熱を発生し、または爆発的に反応が進行します。 主な品名と物品名 硝酸メチル、硝酸エチル、ニトログリセリン、セルロイドなど。

続きを読む

第6類(酸化性液体)の性質と特性

そのもの自体は燃焼しないが、他の物質を酸化させる酸素を多量に含有しており、混在する他の可燃物の燃焼を促進する性質をもつ液体です。 主な品名と物品名 過酸化水素、発煙硝酸、硝酸など。

続きを読む

第1類の危険物の品名・物質名

第1類の危険物の品名・物質名 ●第1類の危険物は、それ自体は不燃性ですが、火災が発生した場合その燃焼熱で物質自体が分解して酸素を放出するため、火災が激化する危険性があります。

続きを読む