危険物の各類ごとの性質

危険物はその性質や危険性の違いによって、第1類から第6類までの6種類に分けられていますが、第4類を扱う者でも、他の類の危険物の特性を理解しておく必要があります。 以下は、その各類ごとの共通する性質を

続きを読む

指定数量

① 指定数量とは、その危険性を勘案して政令で定める数量と規定されています。 危険性の高い危険物は「指定数童を少なく」、危険性の低い危険物は「指定数量を多く」なるように定めています。 また、危険物の指

続きを読む

予防規程

予防規程とは、製造所等の火災を予防するため、危険物の保安に関し必要な事項を定めたもので、所有者等が作成し、経営者、従業員等が守らなければならない規程です。

続きを読む