製造所等の構造と設備の基準 ①

例えば、建築物の屋根を耐火構造にすると、建築内で爆発があった時、被害が拡大する恐れがあります。 この為、爆風が上に抜けるように 不燃材料となっています。 構 造 ① 建築物は地階を有しないこと。 ② 建築物の壁、柱、床、はり及び階段を不燃材料で造るとともに、延焼のおそれのある外壁を出入りロ以外の開口部を有しない耐火構造の壁とすること。 ③ 屋根は不燃材料で造るとともに、金属板等の軽量

続きを読む

燃焼の仕方

表面燃焼とは、固体の表面から中に向かって燃えていく燃焼で、固体表面では熱分解や蒸発を起こすことなく静かに燃えます。 固体と酸素が直接酸化反応する燃焼でもあります。 気体の燃焼 ① 拡散燃焼:可燃性ガスが連続的に供給され、空気と混合しながら燃焼すること。(例)都市ガス、プロパンガス等 ② 予混含燃焼:可燃性ガスと空気あるいは酸素とが、燃焼開始に先立ってあらかじめ混合され燃焼すること。

続きを読む

第4類に共通する特性

第4類の危険物はすべて可燃物(可燃性)であり、常温(20℃)で ほとんどのものが液状です。 又、沸点の低い危険物は可燃性蒸気が発生しやすく 引火点も低いので危険性が高いのです。 引火性の液体である ① 第4類の危険物はすべて可燃物(可燃性)であり、常温(20℃)でほとんどのものが液状である。 ② 沸点の低い危険物は可燃性蒸気が発生しやすく、引火点も低く危険性が高い。   *ジエチル

続きを読む

製造所等の構造と設備の基準 ②

屋内貯蔵所 【構 造】 ① 地盤面から軒までの高さ 6m未満の平屋建 床は地盤面以上 ② 床面積は 1000㎡以下 【貯蔵の基準】 ① 容器の積み重ね高さ 3m以下(第3類、第4類、動植物油類は4m以下、機械により荷役する構造を有する容器の場合は6m以下) ② 容器に収納し、危険物の温度は 55℃を超えないこと 屋外タンク貯蔵所 【設 備】 ① 液体の危険物を入れる屋外貯

続きを読む

引火点と発火点

可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温を「引火点」といいます。 引火点の定義 ① 引火点とは、可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温(最低の濃度の蒸気と同じ意味)をいう。 ② 液面付近の蒸気濃度が、燃焼範囲の下限値(F限界)に達したときの液温が引火点である。 ・ガソリンの場合は引火点の-40

続きを読む