燃焼の仕方

表面燃焼とは、固体の表面から中に向かって燃えていく燃焼で、固体表面では熱分解や蒸発を起こすことなく静かに燃えます。 固体と酸素が直接酸化反応する燃焼でもあります。 気体の燃焼 ① 拡散燃焼:可燃性ガスが連続的に供給され、...

続きを読む

第4類に共通する特性

第4類の危険物はすべて可燃物(可燃性)であり、常温(20℃)で ほとんどのものが液状です。 又、沸点の低い危険物は可燃性蒸気が発生しやすく 引火点も低いので危険性が高いのです。 引火性の液体である ① 第4類の危険物はす...

続きを読む

引火点と発火点

可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温を「引火点」といいます。 引火点の定義 ① 引火点とは、可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温...

続きを読む