消防法上の危険物

消防法は第1章から第9章まで全49条からなっています。 その第1章第1条の総則 (目的)は、以下の通りです。 第1条  この法律は、火災を予防し、警戒しおよび鎮圧し、国民の生命、身体および財産を火災から保護するとともに、...

続きを読む

危険物施設の区分

危険物を取り扱う施設は、①製造所②貯蔵所③取扱所の3つに区分され、さらにその形態や設置場所によって12施設に細分化されています。

続きを読む

予防規程

予防規程とは、製造所等の火災を予防するため、危険物の保安に関し必要な事項を定めたもので、所有者等が作成し、経営者、従業員等が守らなければならない規程です。

続きを読む

指定数量

① 指定数量とは、その危険性を勘案して政令で定める数量と規定されています。 危険性の高い危険物は「指定数童を少なく」、危険性の低い危険物は「指定数量を多く」なるように定めています。 また、危険物の指定数量は、全国同一です...

続きを読む

保安距離・保有空地

保安距離・保有空地とは ① 保安距離とは、製造所等の火災、爆発等が発生した場合付近の住宅、学校、病院等の保安対象物に対して、延焼防止や避難等のために一定の距離を定めたものです。 ② 保有空地とは、消防活動及び延焼防止のた...

続きを読む