第4類危険物の品名ごとの性質

第4類危険物の品名は、引火点の低い順に区分されています。 なので、第1石油類と第2石油類の間にアルコール類が組み込まれているのです。 1.特殊引火物とは ジエチルエーテル、二硫化炭素 その他、1気圧において発火点が、10...

続きを読む

第4類に共通する特性

第4類の危険物はすべて可燃物(可燃性)であり、常温(20℃)で ほとんどのものが液状です。 又、沸点の低い危険物は可燃性蒸気が発生しやすく 引火点も低いので危険性が高いのです。 引火性の液体である ① 第4類の危険物はす...

続きを読む

特殊引火物の性質

特殊引火物とは、ジエチルエーテル、二硫化炭素その他1気圧において、発火点が100℃以下のもの、又は引火点が-20℃以下で沸点が40℃以下のものをいいます。 品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vo...

続きを読む

アルコール類の性質

アルコールとは、1分子を構成する炭素の原子の数が1個から3個までの飽和1価アルコール(変性アルコールを含む)をいい、組成等を勘案して定められています。 品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol%...

続きを読む

第一石油類の性質

第一石油類とは、アセトン、ガソリンその他1気圧において、引火点が21℃未満のものをいいます。 品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性 ガソリン 0.65~0.75 40~220 -4...

続きを読む

第2石油類の性質

第2石油類とは、灯油、軽油のほか、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいいます。 品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性 灯 油 0.8~0.85 150~320 40...

続きを読む

第3石油類の性質

第3石油類とは、重油、クレオソート油その他1気圧において引火点が70℃以上200℃未満のものをいいます。 品 名 液比重 沸点 ℃ 引火点 ℃ 発火点 ℃ 燃焼範囲 vol% 水溶性 重 油 0.9~1.0 300以上...

続きを読む

第4石油類・動植物油類の性質

第4石油類とは、ギヤー油、シリンダー油その他1気圧において引火点が200℃以上250℃未満のものをいいます。 第4石油類全般 ① 揮発しにくく(常温では蒸気は出ていない)、粘性のある液体である。 ② 一般に比重は、水より...

続きを読む

第4類(引火性液体)の性質と特性

ガソリン等のように引火性を有する液体です。 ジエチルエーテル、ガソリン、クレオソート油など。 主な品名と物品名 特殊引火物、アルコール類、石油類、動植物油類など。

続きを読む