物質の状態変化

物質をつくり上げている最小の単位は原子で、その原子がいくつか結全したものが分子です。 そして、一般に分子がその物質の本来の性質を保っている最小の単位とされています。 物質を構成している原子・分子・イオンなどの粒子は絶えず...

続きを読む

燃焼の定義

物質が酸素と化合することを酸化といい、その結果 生成された化合物を酸化物といいます。 物質によっては、この酸化反応が急激に進み、著しく発熱し、かつ発光を伴うものもあります。 このように、熱と光の発生を伴う酸化反応を燃焼と...

続きを読む

燃焼の仕方

表面燃焼とは、固体の表面から中に向かって燃えていく燃焼で、固体表面では熱分解や蒸発を起こすことなく静かに燃えます。 固体と酸素が直接酸化反応する燃焼でもあります。 気体の燃焼 ① 拡散燃焼:可燃性ガスが連続的に供給され、...

続きを読む

引火点と発火点

可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温を「引火点」といいます。 引火点の定義 ① 引火点とは、可燃性液体が空気中で引火するのに十分な濃度の蒸気を液面上に発生するときの最低の液温...

続きを読む

燃焼範囲(爆発範囲)

可燃性蒸気と空気との混合気に点火すると急激に燃焼が起こり、密閉容器内では爆発することもあります。 爆発するにはその混合割合がある濃度範囲にあることが絶対条件となります。 この範囲を燃焼範囲(爆発範囲)といい、空気との混合...

続きを読む

燃焼と消火の関係

消火するには、①可燃物 ②酸素供給源 ③点火源のうち 1つを取り除けばよいのです。 燃焼の三要素 消火の三要素 可燃物   → 除去する →  除去消火 酸素供給源   → 空気(酸素)の 供給を断つ →  窒息消火 点...

続きを読む

消火剤(消火器)の種類と効果

水の消火剤としてのメリットは、水はいたるところにあり、かつ安価です。蒸発熱、比熱が大きく大規模な火災にも効果があります。 (1) 水 ① 水は気化熱(蒸発熱)及び比熱が大きいので冷却効果が大きい。 ② 水は油火災・電気火...

続きを読む

自然発火

よう素価は、油脂100gに吸収する、よう素のグラム数で表します。 よう素価の大きい油は、乾燥油といわれ自然発火しやすいのです。 自然発火の定義 自然発火とは、他から火源を与えなくとも、物質が空気中で常温において自然に(発...

続きを読む

静電気

電気の不導体(不良導体)や絶縁体(=電気が流れないもの)を摩擦すると、その物体に静電気が発生し 帯電します。 静電気が蓄積すると火花放電を起こし 点火源となります。 静電気の発生と蓄積 ① 静電気は、固体、液体、気体、人...

続きを読む

物理変化・化学変化

物質そのものの本質は変化せず、単に形や体積などの状態が変化する現象を物理変化といいます。 物理変化 形や大きさが変化するだけで、本質は変化しない。(元に戻りやすい変化) ① 物質の三態の変化 → 氷が融けて水になる。ドラ...

続きを読む